アリス・バイ・ハートの評判はいまひとつみたい?

オフ・ブロードウェイで上演が始まった、「アリス・バイ・ハート」。
ミュージカルレビュー各紙が劇評を載せていますが、今のところ評判はいまひとつみたいです。

同じように「不思議の国のアリス」を題材にしたミュージカル、「アリス・イン・ワンダーランド」と比較すると、その完成度が低いと言われているみたいですね。

アリス・イン・ワンダーランドよりもより現実的でダークな設定になっているみたい。

その内容は、 1941年に 地下鉄の駅でロンドン爆撃事件に遭遇し、精神的および肉体的なトラウマに苦しんでいる10代の若者と、「不思議の国のアリス」の架空の世界をミックスしたもののよう。

世界観はなかなか興味深いですが、音楽や脚本に練りが足りない、という劇評が多めに見られるみたいですね。

先行して公開されたこの曲を聴くと、良さそうなんですが・・・

もっとも、オフ・オンブロードウェイの作品はまず上演され、どんどんブラッシュアップされるのが常。

今後どんな風に変わっていくか、まだ分かりません。