レ・ミゼラブル2019年版はヤバかったです

はじまりましたね、レ・ミゼラブル!

全世界でどのくらいの人が観てるんでしょうね~レミゼ。

ミュージカルを観たことがない人でも、「レ・ミゼラブル」という名作ミュージカルの存在は知っていると思います。

楽しみすぎる新キャスト

毎回、全キャストはオーディションで決定するとのこと。

発表されたキャストには安定の役者さんも多くおり、楽しみな新キャストも多く登場ということで、期待が高まってました。

芸人の斉藤司さんがテナルディエとして出演されるのも、話題になってましたね!

マダムテナルディエには、大人気声優の朴璐美さんも。

個人的には、大好きな濱田めぐみさんがファンテーヌ、というのでビックリし、とても楽しみにしてました。

また、ジャージー・ボーイズのトミー役が鮮烈だった伊礼彼方さんがジャベール。

中でも、濱田めぐみさん伊礼彼方さんの加入は、これまで散々レミゼを観てきた方にも少なからず衝撃を与えたのではないでしょうか(笑)

そして実際、観た感想は・・・

「やばいでしょコレ!」

でした(゚∀゚)

ストーリーも人物像もクッキリしていた

レミゼは毎回、素晴らしい!と感じますが2019年版はもうヤバい域です。

フシギですね、同じ曲・同じ歌詞で展開するのに、見え方がぜんぜん違います。

お話がクッキリとわかりやすく感じたのが一番の違いでした。

また、それに伴って登場人物それぞれが何に怒ったり、絶望したり、希望を感じたりしたのかも素直に感じ取れて、感情移入しやすくなりました。

カーテンコールでも、キャストさん達の晴れ晴れとした表情が印象的でした。

新演出もちらほら

ほとんどの場面はおなじみの構図で進みますが、ところどころ新演出も。

カフェ・ソングの、命が消えた・・・という表現はとても好きです。

帝劇での公演がはじまったばかりなので、全国での上演はまだまだこれから。地方公演はまだ、チケットが取れるところもあるみたいです。

チャンスがあればぜひ!