エフライム・サイクスがマイケル・ジャクソンを演じます

2020年7月6日に、ニール・サイモン劇場でプレビューが始まる
ジュークボックスバイオミュージカル 「MJ」。

マイケル・ジャクソンに焦点を当てたミュージカル、というかショーみたいですね。

マイケル・ジャクソンの生涯がミュージカルに

その作品で、エフライム・サイクスがマイケル・ジャクソンを演じることが決まったみたいです。

テンプテーションズをフューチャーした「Ain’t too Proud」は、2019年のトニー賞の中継で観ましたが、歌とダンスが凄くて!

マイケル・ジャクソンを焦点に当てたミュージカルなら、またまた歌とダンスはすごいですよね、きっと。

「ハミルトン」にも出演の実力派

日本ではきっと上演されないであろう(笑)メガヒットミュージカルの「ハミルトン」にも、エフライム・サイクスさんは出演していたんですね~。

アンサンブルさんとして出演されていたそう。

日本のミュージカルもそうなんですけど、アンサンブルさんって歌えて踊れて芝居ができて、秒での早替えもこなすスーパーマンさんが多いんですよね。

しかも競争の激しいブロードウエイで、超人気作のアンサンブルを務めていた・・・というだけで、その実力のほどが想像できるというものです。

もっとも、ブロードウェイの舞台に立っている人で、「実力派」じゃない人がいるのかって話ですけどもw

誰もが知ってるスーパースター、マイケル・ジャクソンを演じるのは並大抵の難易度ではないでしょうし、プレッシャーも大きいことでしょう。

マイケルの曲は名曲ぞろいだし、ダンスパフォーマンスやセットも豪華になるのは間違いなさそう・・・うーん観たいです。