話題の作品も半額で。NYCブロードウェイウイーク開催

2019年9月3日から9月16日まで(現地時間)、NYCブロードウェイウィークが開催されます。

これはニューヨーク市観光局が観光マーケティングの一環として行っているサービス。

公式ウェブサイト(NYCgo.com/broadwayweek)を通じてチケットを購入すると、対象の作品チケットが1枚分の値段で2枚購入できるというものです。

実質半額になるわけで、夏季・冬季の半年ごとに開催され人気を博しています。

年々、チケットを選びやすく。話題も作品も対象です

公式ウェブサイトはチケット購入ページをリニューアルしており、より使いやすくなっているそうです。

たとえば「2019年トニー賞受賞作」、「子ども向け」、「ミュージカル」といった風に。また、お目当ての演目をリストにして保存出来るようにもなったみたい。

対象作品も豪華!

●エイント・トゥー・プライド – ライフ&タイムズ・オブ・ザ・テンプテーションズ (Ain’t Too Proud – The Life & Times of the Temptations)**
●アラジン (Aladdin)
●ビューティフル:キャロル・キング・ミュージカル (Beautiful: The Carole King Musical)
●ビートル・ジュース (Beetlejuice)**
●ビトレイヤル (Betrayal)**
●ブック・オブ・モルモン (The Book of Mormon)
●シカゴ (Chicago The Musical)
●カム・フロム・アウェイ (Come From Away)
●ディアー・エヴァン・ハンセン (Dear Evan Hansen)
●デレン・ブラウン:シークレット (Derren Brown: Secret)**
●フローズン (Frozen)
●グレート・ソサイエティ (The Great Society)**
●ハリー・ポッターと呪いの子 (Harry Potter & the Cursed Child)**
●ハイト・オブ・ザ・ストーム (The Height of the Storm)**
●ライオン・キング (The Lion King)
●ミーン・ガールズ (Mean Girls)
●オクラホマ! (Oklahoma!)**
●オペラ座の怪人 (The Phantom of the Opera)
●シー・ウォール/ア・ライフ (Sea Wall / A Life)**
●スレーブ・プレイ (Slave Play)**
サウンド・インサイド (The Sound Inside)**
●トゥッティー (Tootsie)**
●ウェイトレス (Waitress)
●ウィキッド (Wicked)
* チケット販売状況に伴い、特別料金が適応できない日程もあります。
** 今回初めてNYCブロードウェイウィークに参加するショー

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000011.000042394&g=prt

トニー賞授賞式でパフォーマンスを観た作品も多く含まれていて、これは本当に有り難いサービスだと思います。

こういうのを観るために、10日間くらい滞在してみたいですね。